ビフィズス菌とオリゴ糖

 まずは、善玉菌を増やす方法です。そこで、善玉菌とは?という人もいると思います。善玉菌とは、体に良い働きをもたらすもので、健康づくりに役立つ菌です。

 善玉菌を増やす方法は3つあります。まず、一つ目は善玉菌を多く含んでいる食事をとりましょう。善玉菌を多く含んでいる食材とはヨーグルトや、牛乳などです。

 二つ目は善玉菌の活動源となるオリゴ糖などをとることです。善玉菌だけでなく、活動源となるオリゴン糖などを、とると善玉菌の効果は2,3倍にもなります。

 三つ目は悪玉菌をなくすことです。納豆を食べれば納豆菌という菌が悪玉菌をなくしてくれます。

 次は、ビフィズス菌です。ビフィズス菌は善玉菌です。しかも、ビフィズス菌は善玉菌の99.9%を占めています。でも、ビフィズス菌はストレスなどで減少していきます。ですから、ビフィズス菌を積極的に摂取することは健康を維持するにはとても、大事なことです。ビフィズス菌を多く含んでいる食品はニンジンです。ニンジンはビフィズス菌以外にも、栄養分を多く含んでいるのでおすすめです。

 次は、オリゴ糖です。オリゴ糖とは町内の余分なコレステロールや胆汁酸を吸収して排出する働きを持ちます。また、先ほど紹介した、ビフィズス菌を増加させる働きも持っています。オリゴ糖を多く含んでいる食品はアスパラガス、玉ねぎ、キャベツ、ゴボウなどなどありますが、一番多く含んでいるのはてん菜です。  食生活を注意することで健康な体を作ることができます。皆さん、食生活にお気ををつけて、健康な体作りをして下さい。